関節リウマチとは、結合組織と呼ばれる、細胞と細胞の間にある組織や血管に炎症が起きる病気です。

関節リウマチになると、全身のだるさや微熱の症状のほかに、手や足の指には、こわばりや腫れ、痛みが出てきます。

手の指の中でも、第2関節と第3関節は症状が出やすい箇所とされているほか、足の指の付け根の関節にも痛みが出てくることが考えられます。

また、関節リウマチの症状が進行すると、炎症により関節が破壊され、骨がずれて変形する可能性があります

具体的には、関節のどの部分の炎症によって起きた変形かによって変わりますが、第2関節の炎症によるボタン穴変形や第3関節の炎症によって起きるスワンネック変形などがあります。

一方の足指の変形には、親指の先端が人差し指側に傾いた状態の外反母趾や親指以外の指の関節の炎症で起きる槌指などが挙げられます。

なお、関節リウマチは長い時間をかけて左右対称の箇所で発症する可能性も考えられます。