膝の関節が痛む場合は、関節リウマチが潜んでいる可能性があります。関節リウマチとは、関節を包む組織が炎症を起こすことで関節痛や関節のこわばりなどの症状が現れる病気です。

微熱やだるさなどの全身に症状がおよぶ場合もあり、進行すると関節が破壊されて変形してしまいます。細菌やウイルスの感染をきっかけに免疫に異常を起こし、骨や軟骨を外敵とみなして攻撃しだす自己免疫疾患の一つであると考えられていますが、原因は完全には判明していません。

女性に多く見られる病気であり、発症する年齢は30代から50代が多いです。慢性の痛みがあり、熱をもって赤くなります。

病院での検査では”CRP”や”リウマチ因子”、”抗CCP抗体”が高くなることがあります。

関節リウマチは多くの場合、症状は良くなったり悪くなったりを繰り返しながら進行していきます。

しかし、進み方には個人差が大きく、短期間に強い炎症が出るケースもあれば、自然と落ち着いていくようなケースもあります。

関節の炎症と共に関節が傷ついていくので、早いうちに治療を行うことが重要です。関節の破壊が進む前に適切に治療すれば、症状が治まった状態を維持することが可能になります。